2020/07/27

虫刺されで手が2倍に⁉️


大変な出来事が!
一体この手は誰の手ですか???

どういうことなのでしょうか!

虫に刺されて、蚊🦟か、またはブヨに刺されたか、

ひどく腫れ上がって右手の2倍はあるような…。



こちらは私の右手、左手がとんでもなく腫れ上がり
かゆくてかゆくて、そのうちに痛くて痛くて

異常なまでに腫れ上がり、自分の手ではないよう。


生徒のKさん、
すごく効く薬を下さって、

2日後には何とか治まり、
とにかくびっくりしました!


これ顔じゃなくてよかったです💦💦💦✨


2020/07/24

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール本選会

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール本選会が
長野市芸術館リサイタルホールにて開催されました。
当初こちらのコンクール審査を頼まれていたのですが、
その時すでにピティナの九州本選会の審査の
お仕事が先に来ていましたのでお断りをしていたのですが、
再度依頼され、長野市まで行って参りました。


🍀🎊🏆生徒の中畑和奏さん(中二)が全国大会進出決定いたしました。
誠におめでとうございます!🔔🔔🔔👍🌟🌟🌟



今回門下生出演者は、和奏ちゃん1人。
門下の代表選手すばらしいです!

コロナの第2波?とも囁かれている昨今、
そんな中、よくぞこんなに沢山の参加者が来て下さった!と、
感動致しました。
大勢の方々を全国に通して差し上げたかったのですが、
大変厳しい結果となりました。
演奏された皆さんに100点を差し上げたいです‼️


12日の予選会に引き続き、こちらの審査も生のホールでの
豊かな響きを聴きながらのお仕事でしたので耳も疲れず
やっぱりホールでの生演奏はいいなぁと幸せを感じたのでした。



朝7時過ぎに出て、長野市まで高速を走り、
コンクール審査終了後、東京国際声楽コンクールの
長野大会が午後あり、Mさんご夫婦で
歌われると言うことで、伴奏のいづみ先生が
練習室をとってくださり、
そこで少しレッスンさせて頂き、
堂々と立派に舞台をこなされたお二人を拝聴し、
所用をこなし家にたどり着いたのが夜10時半。

それから動画編集や、
たくさんの残された仕事をこなし、せめて
ピティナから依頼されていた課題曲チャレンジの採点
いくつか全てその日のうちに夜中までかかっても
仕事を残さなかったため、
それだけはとても良かったと思いました。

暇なはずなのに、連日疲れが溜まっているのか、
本日ももう眠くてダウンです。

とにかくこんなご時世の中、
幸せに毎日を過ごさせて頂き、
神様に感謝です。

それでは皆様おやすみなさい。

2020/07/18

次男坊から送られてきました

次男坊から久しぶりに手作りランチの画像が送られてきました。

アメリカの大学に留学中の次男坊、コロナの関係で当分帰って
来られそうにないですが、食べることが大好きです。
一生懸命やっているようです。

マンダリンチキンと玄米ご飯など

お米はカリフォルニア米を使っています。
彼もまた健康オタクです。

2020/07/17

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール予選会審査

7月12日日曜日夕方から、全日本ジュニアクラシック音楽コンクール
ピアノ部門の審査に松本音楽文化ホール(ザハーモニーホール)に
行って参りました。

高速道路インターで、いつものようにETCレーンを通過しようと思ったら、
ストップがかかり!
なんとなんと!
ETCカード有効期限切れで、
通行券を発行して頂き、
一般レーンをくぐり、現金を渡してなんとかセーフ。

一時、悪い汗しか出なくて、
パニックになりましたが、
どんな時ももっと落ち着かなくてはと
自分の未熟さ、小者さを知りました。

何があっても動じない精神力が欲しいです。


本当に生でのコンクール開催されるか半信半疑で伺いましたが、

ほぼ全てのコンクールは中止または、リモート
YouTube動画撮影による審査となっていましたので、

本当に生でホールでのコンクールは久々で、
なんと、出場者3名のみ!


4人の審査員に対して、出場者3人‼️

このような素晴らしいホールでたったこれだけの参加者で
開催されるとは!

本当に凄いことです!
東京国際芸術協会主催者の方々には
相当な赤字を覚悟での開催、頭が下がります。

また、こんなことなら、門下生生徒たち生で弾かせてあげたかった!

と、後になって思った次第です。


さてこちら、6月のあひるコーラスの練習風景です。
グループLINEで見られない方がいらっしゃるので
こちらに掲載します。

https://youtu.be/3uPTpqTaaqk

仕上がりが楽しみです。

2020/07/12

お父さん有難う御座います。


お父さん今まで
ありがとうございます

安らかに御眠りください…。

https://youtu.be/VTVG8-gOF44


2020.7.3
父他界。


末期がんだった父は、
緩和ケア病棟に入院しておりました。看護師さんや先生方の優しさには、ありがたくて涙が出ました。
コロナのおかげで
すべてのコンサートや審査等の出張がなくなったため、
その時間のほとんどを父のために費やすことができました。
正確には父のためより、
自分が後悔しないため。

いつも忙しさにかまけて、なかなか家族や親戚との触れ合いも少なかった今日この頃。
親戚や兄弟の皆さんとも父のおかげでとても良い関わりが持てました。みんな優しく行動力があり、みんながみんな父のことを本気で心配していました。

とても幸せ物の父でした。
皆様のご厚情に感謝いたします。
誠にありがとうございました。



小池由美

2020/07/07

父のお葬式

7月5日日曜日
納棺、火葬、そして午後にはお葬式が執り行われました。

コロナの影響で、家族または近親者のみで執り行うお葬式。

しかし、実にたくさんの方々がお悔やみに来てくださいました。








家族葬に近い所お葬式と言えど、
たくさんのお花や、フルーツ盛りなどなどが届きました。


祭壇も豪華に飾られ、
父もきっと喜んでくれていることでしょう。

とてもたくさんの方々が御焼香にいらしてくださり
心より御礼申し上げます。


コロナでなかったら、もっと多くの方々に
お葬式出席していただけたのにと思いましたが、

ひっそりと家族親戚近親者のみでのお葬式も良いものです。

といっても軽く60人は超えていたと思います。

父の遺言で、
アカペラでアメイジンググレイスを歌わせていただきました。


思いがけずこちらもお花だらけの祭壇になり、
良いお葬式ができました。
喪主は弟ですが、
みんな一生懸命最高のお別れ会の準備をしてくれて、

親戚の皆様家族にも心より感謝です。

お父さん喜んでくれてるね。


今まで本当にありがとうね。



お通夜


お通夜は家に帰ってきたいと言う父の願いの通り
家で執り行うことになりました。

庭の花々をたくさん摘んで、
父をきれいにしてあげました。

 とても豪華な旅支度。
お花だらけになりました。
孫たちが1輪ずつ丁寧にお供えした後、
親戚の大人もみんなでお供えしました。
お庭のお花。


お父さん、お父さんの大好きなお花に囲まれて

よかったね。